育児休業給付金を貰う条件は?育休手当の対象者を解説

育児休業給付金の受給条件とは?

「俺、育休取るけどその間の手当てはちゃんと貰えるのか?」

こんな悩みにお答えします。
どうも、妻とダブル育休中のイミー(@13imi)です。

育児休業を取るとなると、その間の収入がきちんと支払われるか不安ですよね。

この記事では、育児休業給付金を貰える条件を解説します。

ざっと伝える育児休業給付金を貰える条件

  • 育児休業を取得している
  • 雇用保険に入っている
  • 育児休業を開始する前の2年間で、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  • 育休中に、就業している時間が80時間/月を超えない
  • 育休中に、休業前の収入の80%を超えない

事前に自分が対象になるか、確認しておきましょう。調べておけば安心ですよ。

育児休業給付金の条件①育児休業を取得している

育児休業給付金を貰うためには、もちろん育児休業を取得している必要があります。(当たり前ですね)

まず、自分が育児休業の条件に合うか確認しておきましょう。

育児休業取得の条件

  • 原則1歳未満の子どもがいる男女
  • 雇用保険に加入している
  • 同一の事業者に1年以上雇用されている
  • (非正規雇用の場合)子が1歳6ヶ月になる日まで雇用が満了しない

注意!

「同一の事業者に1年以上雇用されている」という条件があるため、会社によっては入社して間もない新入社員は対象外となる可能性もあります。

参考:育児・介護休業法について(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

育児休業給付金の条件②雇用保険に加入している

育児休業給付金は雇用保険から支給されるため、雇用保険に加入していることは絶対条件です。

育児休業給付金の条件③休業開始前の2年間で、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある

2つ目の条件として、「11日以上働いた月が12ヶ月以上ある」です。一定期間雇用保険に入って働いている状態である必要があるということですね。

本条件に当てはまれば、期間雇用、パート、アルバイトの方も受給できます。

期間雇用の場合の追加条件

期間雇用やパートの場合、追加の条件で「子どもが1歳6ヶ月になるまで雇用契約がなくなることが決まっていない」があります。

参考︰育児休業給付金(ハローワークインターネットサービス)
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html#g2

育児休業給付金の条件④(育休中)就業している時間が80時間/月を超えない

実は育児休業中にも一定日数就業することができます。ただし、育児休業給付金を貰うためには、就業時間を80時間以下にしなくてはなりません。

育児休業給付金の条件⑤(育休中)休業前の収入の80%を超えない

④の条件を満たした上で、収入が80%を超えない必要があります。

これは、「育児休業給付金と就業収入の合計が80%を超えないようにする」という制度があるためです。

就業収入により合計が80%を超える場合、育児休業給付金が減額されます。そのため、就業収入自体が80%を超えた場合、育児休業給付金は0ということですね。

本来「休む」ための制度なので、就業は最小限にするといいでしょう。

まとめ︰育児休業給付金の条件を確認し、安心して休みを取ろう

育児休業給付金の条件として、雇用保険の加入と一定期間の就業は必須です。

休業中の就業は、条件を超えないように気をつけましょう。

ざっと伝える育児休業給付金を貰える条件

  • 育児休業を取得している
  • 雇用保険に入っている
  • 育児休業を開始する前の2年間で、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  • 育休中に、就業している時間が80時間/月を超えない
  • 育休中に、休業前の収入の80%を超えない

「条件はわかったけど、本当に取れるか不安…」という方は、1度会社の総務担当に確認してみてくださいね。

それでは、イミー(@13imi)でした。

さまざまな期間の給付金や子どもと過ごす時間を簡単に計算できる「育休シミュレーター」作りました。よかったらシミュレーションしてみてくださいね。↓

>育児休業給付金シミュレーター!育休手当や期間の自動計算ツール